1. HOME
  2. ブログ
  3. ココロの健康作り!
  4. ある教育者さんのお話!

BLOG

ブログ

ココロの健康作り!

ある教育者さんのお話!

心と身体と会社を守るトータルヘルスコンサルタントの

髙橋礎(タカハシタク)です。

 

私、普段はパーソナルトレーナーとして、お客様にトレーニングを指導させていただいておりますが、

その時間の会話が、全てトレーニングのお話!ってわけではもちろん無く、

趣味のお話、ご家族のお話、職場のお話などなど

様々な会話をいたします。

先日、ある”教育者”のお客様とお話したのですが・・・・

同僚の若手の従業員のお話になりました。

その方、

とてもとても表情が暗く

子供たちの前でも、感情を表情に出してしまうそうです。

何よりも、

朝の挨拶すらしない!

とのこと。

その教育者のかた曰く

いつ”退職”してもおかしくない状態のようです。

ん~どうしたものか?

とりあえず、

ICM(Ideal  Company  Method)のタイプから考えてみましょう。

あくまで、私の予測ではありますが、現在その従業員は

成長群(不安感が高く・存在感が低い)

にいらっしゃるのではないでしょうか?

成長群にいるかどうかの予測として・・・

・不安定だと感じたり、辛そうな表情を見せている。

・周りの従業員とうまくコミュニケーションがとれていない。

・休みがち、遅刻しがち。

などなどが上げられます。

 

しかし、上の図にもありますように、成長群の方は

助けて欲しい!

話を聞いて欲しい!

という思いをもっております。

(実は、私もサラリーマン時代この位置にいたことがありました。表では強がっていましたが、やはりとても辛かった。だから、たまに優しく話しかけてくれる人がいたとき、とても嬉しかったですね。そしてその方の為なら、嫌なことでも引き受けよう!っていう忠誠心が湧いてきましたね。)

 

このような従業員を

頭ごなしに叱る!

は逆効果で、その結果は『退職』へまっしぐらであります。

 

そんな従業員には、感情的に叱ったりはせず、

良い事と出来てないことを明確に伝えてくださいね!

そして、良いこと(褒める事が出来る部分)は、しっかり

褒めて

くださいね!

また、話しかけてきたら面倒臭がらずに

必ず手を止めて、目を見て話を聞くようにしてくださいね!

(どうしても、手が離せない状況だったら、後からちゃんと声をかけて、目を見て話を聞いてあげてくださいね)

 

これが全てではありませんが、少しずつですが成長群(不安感が高く・存在感が低い)の方も前向きになってくれるのではと思います。

 

人生ってなんだかんだ言っても、仕事の占める割合は大きいと思います。

その仕事が、とても辛い・苦しい状況は『幸せ』では決してありませんよね。

経営者のあなたの『幸せ』=従業員の『幸せ』

関係の質が高まる

思考の質が高まる

行動の質が高まる

結果(業績)の質が高まる

更に、人間関係の質が高まる!

の素晴らしいサイクルを作りあげて欲しいと思います。

 

本日は、お客様との会話の中から感じたことを書いてみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

関連記事